現在地

「スピン禁制前期解離の量子ダイナミクスと統計論」

講演者氏名 中村恒夫
所属 京都大学大学院理学研究科
講演タイトル 「スピン禁制前期解離の量子ダイナミクスと統計論」
講演概略 代表的スピン禁制過程としてN2Oの単分子解離反応をとり挙げ、その量子ダイナミクス計算について述べる。また得られた結果に対し、Random Matrix Transition State Theory (RM/TST) を適用し、系の統計性の発現や RM/TST と RRKM 理論との関係などについて議論する。