現在地

License

OpenSSH が free、UDT が BSD license を採用していることを考慮し、BSD license の元で公開することにします.
本ライセンス文は以下のテンプレートを使用しています.
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2Fnew_BSD_license
-----
Copyright (c) 2009, Fumiyasu Mizutani, Fumitsuna Teshima, Masataka Sawa, Kensuke Iwahashi, Takakazu Nagaya, Shigeki Naitoh, Jun-ichi Matsuo All rights reserved.
 
ソースコード形式かバイナリ形式か、変更するかしないかを問わず、以下の条件を満たす場合に 限り、再頒布および使用が許可されます。

  • ソースコードを再頒布する場合、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
  • バイナリ形式で再頒布する場合、頒布物に付属のドキュメント等の資料に、上記の著作権表示、本条件一覧、および下記免責条項を含めること。
  • 書面による特別の許可なしに、本ソフトウェアから派生した製品の宣伝または販売促進に、 自然科学研究機構 分子科学研究所の名前を使用してはならない。

本ソフトウェアは、著作権者によって「現状のまま」提供されており、明示黙示を問わず、商業的な使用可能性、および特定の目的に対する適合性に関する暗黙の保証も含め、またそれに限定されない、いかなる保証もありません。著作権者も著作権者所属組織も、事由のいかんを問わず、 損害発生の原因いかんを問わず、かつ責任の根拠が契約であるか厳格責任であるか(過失その他の)不法行為であるかを問わず、仮にそのような損害が発生する可能性を知らされていたとしても、本ソフトウェアの使用によって発生した(代替品または代用サービスの調達、使用の喪失、データの喪失、利益の喪失、業務の中断も含め、またそれに限定されない)直接損害、間接損害、偶発的な損害、特別損害、懲罰的損害、または結果損害について、一切責任を負わないものとします。
-----