現在地

How to install

システムにインストールする場合(サーバとクライアントの両方を使いたい場合)

  1. hscp を /usr/local/bin におきます(path が設定されていればどこでも結構です) .
  2. hscp の file mode, owner を scp と同様に変更します.
  3. hscp.conf を /usr/local/etc に保存します.
  4. hscp.conf の file mode を 644 に、owner は scp と同等に設定します.
    Makefile の install 内容で問題なければ sudo make install でも可.

システムにインストールする場合(クライアントとしてだけ使いたい場合)

  1. 上の 1-4 と同様にインストールします.
  2. hscp.conf の ServerAccept をマスク or 0 を設定します.

 システムにインストールできない場合

  1. hscp を適当($HOME/bin など)に配置し PATH を通しておく.
  2. 環境変数 HSCP_CONF に hscp.conf のパスを定義しておく($HOME/etc においた場合、$HOME/etc/hscp.conf).
  3. クライアントとしてだけ使いたい場合は hscp.conf をマスク or 0 を設定します. 
  4. hscp が見つけられなければ、サーバとしては起動しません.

Windows コンソール版

  1. PATH が設定してあるフォルダに hscp.exe と hscp.conf を保存します.
  2. hscp は、起動したフォルダ内の hscp.conf を読み込みます.