現在地

FAQ

  • Q1. なぜ UDP port に範囲があるのか
    A1. コネクションレスの UDP で同時に複数クライアントの要求に対応するため空きの UDP port を探してクライアント毎の専有通信に確保します. 範囲数は最大同時接続数と密接に関係します. 最大範囲数は 256 です. 使用する port は、範囲内よりランダムに選択します. 通信時以外は UDP port は使われません.
  • Q2. 以下のエラーで接続できません
    connect: Connection setup failure: connection time out. UDT couldn't connect to xxx.xxx.xxx.xxx.
    A2. クライアント側から UDP がサーバに到達していません. 特にサイト間の場合、UDP の設定ポートが自由に出て行ける環境が必要です. Statefull な Firewall であればサイト内向け通信に制限がかけられていても問題ありませんが サイト外向け通信に制限がかけられている場合は使用できません. 場合によって使用しているコンピュータ上の firewall でもカットされている場合があります.
  • Q3. 以下のエラーで接続できません
    connect: Connection setup failure: unable to create/configure UDP socket: No buffer space available.
    A3. hscp.confの中でUDPRecvBufSizeの値を小さめに設定する必要があります.AIX, SunOS, MacOSX では768000にすると動作した例があります.
  • Q4. 以下のエラーで実行できません. (Linux)
    hscp: error while loading shared libraries: requires glibc 2.5 or later dynamic linker
    A4. シェアードライブラリのバージョンが古い様です.
    x86_64 環境であれば、以前の環境でビルドしたもの(2.4)がありますので、そちらでお試し下さい.
  • Q5. NAT 環境でも使用できますか
    A5. NAT 環境でも通信実績があります. ただ通信速度劣化を起こす環境では hscp の効果は低くなるので、直接接続をおすすめします.
  • Q6. あまり早くならないのですが
    A6. 速度を制限する原因はいくつかあります。どの原因で劣化しているのかを見極めて、それを回避するための工夫をしなければなかなか1Gbpsには迫れないです. その辺のヒントをまとめましたので、そちらを参照して速度改善に挑戦してください.
  • Q7. ワイルドカードを使うと No match がいきなり表示されます.
    A7. OS によってエスケープする必要があるようです. \* の様に指定してください.
  • Q8. 仮想マシンを使っているのですが速度が出ません
    A8. 仮想NICのバージョンで著しく速度劣化をおこすことがあるようです.
    また仮想マシン間での通信に限らず、LAN 内での通信であれば ftp, rcp の方が早いです.