現在地

実行されたプログラムの種別

ログが残っている範囲で、各スパコン(Altix / PrimeQuest / SR16000) で実行されたプログラムの種類別の統計を取りました。
プログラムの種類とは、次の5種類です。

MO (分子軌道法) -> 化学反応の理論的予測やその解釈
MD (分子動力学法) -> 系の動的過程(Dynamics)の解析 -> タンパク質の最安定構造など
BAND (バンド計算) -> 系の電子状態を計算 -> 物性(電荷密度、あるいは磁性を持つか など)
RISM      
misc   -> その他

Altix

Altixでの種別

PrimeQuest

SR16000

まとめ

 AltixではMOの比率が高く、PrimeQuestはMDの比率が高く、SR16000はそれぞれが均等に近かったです。
 これは、こちらの意図通りに、各ユーザ様がそれぞれのマシンをご利用していただけた事を示しています。